ホーム  >  各国情報  >  国別トピックス  >  アジア全般  >  【アジア通貨危機】

【アジア通貨危機】

アジア通貨危機とは?
アジア通貨危機とは、
1997年からタイを中心にして始まってしまった、アジア諸国の急激な通貨の下落のことを言います。
 
この通貨が急激に下落したことは、
アメリカのヘッジファンドなどの機関投資家の通貨の空売りが原因で引き起こされました。
そして東アジアや東南アジアの国々の経済にも影響を与えていました。
 
アジア各国の通貨の暴落のことをアジア通貨危機とよびますが、それによって引き起こされた金融危機や経済危機などもアジア通貨危機の意味として広く使われています。
 
タイ以外にもインドネシアや韓国などが特にダメージを受けました。
またマレーシアやフィリピン、香港もその次のダメージを受けた国です。
中国や台湾に直接の影響はありませんでしたが、多少は影響を受けています。
 

月別トピックス

日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?

電子メール(必須)
書籍通販
日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?  by 豊永貴士
起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ!
アジアビジネス最速実践塾