ホーム  >  各国情報  >  国別トピックス  >  香港  >  【香港法人の設立】

【香港法人の設立】

香港での法人設立に関して解説致します。
香港に進出する方法は現地法人と外国人法人の香港支店、
駐在員の事務所などがありますが、一般的に多いのは現地法人の設立です。
 
香港法人設立方法は二通りあります。
新規設立、そしてシェルフカンパニー購入があります。
 
シェルフカンパニー購入は、
売却目的で発起人によって設立手続きを済ませている会社で、
新しく設立する時間がない人はとても便利です。
 
一度設立をしてからビジネスを休止している、
休眠会社とは違っているので、
隠れ負債があるといった心配もないのが特徴です。
 
香港法人の設立にあたっては、
最初に会社の名前、本店所在地、資本金、株主、取締役などを決めることになります。
 
申し込んでから設立登記完了までに時間はシェルフ会社購入で1週間、
新規設立で3−4週間かかります。

月別トピックス

日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?

電子メール(必須)
書籍通販
日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?  by 豊永貴士
起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ!
アジアビジネス最速実践塾